SEOの基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

どこも同じような事を書かれていますが、SEO対策という言葉を聞いて、分からない方もいらっしゃるかと思うので、概要になりますが簡単にご説明してみます。

SEOとは

SEOとは、検索エンジンの最適化のことをいいます。具体的にいうと、検索サイトで検索をしたときに、 なるべく上のほうに表示(上位表示)されるようにするために、検索エンジンの好むサイト(優良サイト)を作ることをいいます。

日本の検索サイトでは一時期はYahooが強かったですが、最近ではGoogleが最強です。 なぜなら、最近YahooがGoogleの検索システムを利用するようになったからです。 ですから、SEOをするにはGoogleさえ押さえておけば、とりあえずはOKでしょう。

どちらにしても、どの検索サイトも優良サイトを上位表示する傾向にありますので、 そのようなホームページ(優良サイト)を目指せば自然と検索エンジンが最適化され、 上位表示さるということです。

検索エンジンとは

GoogleやYahooなどの検索機能を提供しているサイトのことを検索サイトといいます。 そして、そのサイトで検索結果を出すために使われているプログラムのことを検索エンジンといいます。
ちなみに、さらに検索プログラムの内容のことを検索アルゴリズムといいますが、 この言葉は一般的にあまり使われないので覚えなくても大丈夫です。

SEOの目的

SEOは何のためにやるかというと、サイトのアクセス数を増やすためです。検索で上位表示されれば、 それだけクリックされる確立が上がり、サイトのアクセス数が増えることになります。
特に商用のサイトは、売り上げに大きく関わってきますので、とても重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Juita Design, バリ島フリーランス・ホームページ制作事務所(SOHO)